早めの顔のたるみ予防ケアで加齢なんて怖くない!

加齢とともにお肌に表れる代表的なもののひとつといえば、顔のたるみです。

筋肉が落ちる

顔のたるみやしわは、お肌の奥深くの真皮層にあるコラーゲン、 エラスチン、ヒアルロン酸が減少することで、お肌にハリがなくなってできます。

そして、さらに奥深くの皮下組織にある脂肪が、重力に逆らえずに
筋肉とともに下がることで、皮膚も一緒にたるんでしまいます。

日常的にマッサージや表情筋トレーニングをしたり、化粧品の中でも
顔のハリを促してくれる成分を配合したものもあるため、自宅でのケアも
多少は可能となっていますが、基本的にやはり逆らえないのが加齢です。

そのため、こういったセルフケアや基礎化粧品では充分にケアができない部分になります。

皮膚が下がる

この場合、効果的に顔のたるみの改善や予防を促すのであれば、美容の専門技術でのケアが重要になります。

そこで、お顔のたるみへの早めの予防ケアについて、お伝えします。

たるんでしまったお肌には、美容クリニックで医療技術を受けることをおすすめします。
また、なんとなく気になり始めたけれどまだ医療機関で施術を受けるほどではない、という方にはエステサロンでの施術もおすすめです。

サロンによっては様々な施術内容があります。
お顔のたるみには、手技よりも機械を使った施術の方が効果的です。

筋肉を引き締めてリフトアップをするためには、低周波や中周波を使った施術が効果を発揮します。

また、どうしても自宅で自分の力でなんとかしたい、という方は、表情筋トレーニングを日常的に行っていきましょう。
体の筋トレをすればボディラインが引き締まっていくように、お顔も同じで、定期的に筋肉を引き上げる施術をすることで、鍛えられます。

継続することで、リフトアップ効果を維持することもできます。
たるみだけでなく、肌質が美しく変化することにも気づくでしょう。

エステサロンが好きな方であれば、最初は週に1、2回ペースでケアをし、少しずつお手入れ期間を空けていくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)