ちゃんと寝ないと肌に出てしまいます

毎日、きちんと寝ていますか。あまり睡眠時間が長くなかったり、しっかりと寝ているつもりでも疲れが残ったりしているかもしれません。今日も疲れが取れなかったと言う日々が続いている人は、鏡で自分の顔を見た時にガッカリすることが多いのではありませんか。

老化を感じる

寝不足は肌の大敵なんです。顔のたるみに繋がってしまうので毎日、ちゃんと寝ることが重要です。

単に長時間眠り続ければ良いというわけではありません。質の良い睡眠でないと長時間寝ていても顔のたるみが改善されません。7時間以上寝ているけれど、顔のたるみが気になっている人もいるでしょう。

それはきっと睡眠の質があまりよくないことが考えられます。

寝ても疲れが残っていると言う人は、睡眠の質がよくないと言っても良いです。質の悪い睡眠や睡眠時間が短いと肌を修復することができず、老化してしまいます。

肌は毎日、刺激を受け続けていますので寝ている間に修復することがとても大事です。

今は、忙しい人がとても多いので睡眠時間を確保することすら難しい人もいます。たとえ睡眠時間が短かったとしても、質が良ければ顔のたるみを防止したり、改善することができるかもしれません。

なぜ睡眠が肌に重要なのか

寝ている間に私たちの体は疲れを取るだけではなく、肌の修復も行なっています。質の良い睡眠によって、寝ている間に成長ホルモンが分泌されます。

すると、肌の細胞の産生が行われたりターンオーバーが行われるので睡眠が重要です。古い角質がいつまでも残ることがなくなり、肌を修復して若々しさを保ち続けることができるようになります。

ただし、質の悪い睡眠ではいけません。質の良い睡眠で、少なくとも3時間以上は寝ることが必要です。肌のゴールデンタイムと呼ばれている22時から2時までの間に寝ていると良いと言われていますが、3時間以上寝ることが重要だと言われるようになりました。

睡眠に必要な時間

寝始めてから最初のノンレム睡眠の時に成長ホルモンが分泌されることがわかったからです。だから、3時間以上眠ることがポイントです。

顔のたるみを改善するために重要な鍵を握っているのですが、昼間ではなく夜に寝るようにしてください。昼間では質の良い睡眠を取ることが難しいからです。

夜に寝て顔のたるみを改善できるように良い睡眠を心がけてください。必ずしも22時から2時に拘る必要はありません。それよりも湯船に浸かって質の良い睡眠にする方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)